ブログ

 新座市 朝霞市 狭山市 志木市の生徒さんが多く通っているピアノ教室です。   「オペラについて」なんて書くと相当オペラに精通している、と思われるかもしれないが それは誤解である。ピアノと音楽療法を学んだ立場からのオペラの魅力を書いてみたい。   愛する人が亡くなっても 悲しみに打ちひしがれても 重症を負っていても音吐朗々と歌い上げる というのもオペラの魅力である。ところが日本人研究チームが「オペラでマウスが延命する」と発表した。ヒトへの応用段階ではないが・・・。新見正則さん、帝京大医学部准教授で外科医。マウスに心臓を移植すると免疫の拒絶反応で7日程で死んでしまうが 「椿姫」を聴かせ続けると平均で26日も生きた!モーツァルトの20日間より長い!このユーモアあふれる研究で イグ・ノーベル賞(医学賞)に輝いた。「音楽が脳を通じて免疫に影響しているのでしょう」と話された。オペラの効能や、畏るべし。 何歳になっても健康である事を望みたいもの。んじゃ 「椿姫」を聴きながらジョギングして 帰宅したら「椿姫」の乾杯の歌よろしく コップ1杯のビールで「プハ~ッ」は有効ではないのだろうか・・・?  ...

 狭山市 朝霞市 志木市 新座市の生徒さんが多く通ってるピアノ教室です。第82回日本音楽コンクール(声楽部門)第2次予選に行って来た。TOPPANホールで11時から。ここは入り口。24人全員の素敵な歌声を聴かせて頂きました!毎年思うのだが女性がとても頑張っている。「男子ガンバレ~」と・・・。 4:2の割合で女性有利かな?ところがフタを開けてみたら通過者6名中4名が男子。確かに23番は通過するとは思ったのだが・・・。本選がますます楽しみじゃ。山本康寛さん(びわ湖ホール声楽アンサンブル所属)清水徹太郎さん(京都市立芸大大学院修了)岡昭宏さん(新国オペラ研修所修了)城宏憲さん(新国オペラ研修所修了)竹多倫子さん(東京芸大大学院修了)伊藤晴さん(武蔵野音大大学院修了)通過した女性二人は納得の二人だった。でも25番Yさんも良かったんだけどなあ。非常に音楽的で 自分の世界をすでに持っている人。ちょっと言葉がはっきりしなかったかな。他にも心に残る歌を聴かせてくれた方が何人もいた。しかしたまたま午前中に歌った10人の出演者の方々、朝はまだ声が出ませんよね。 力を出し切れずに終わった方も いらっしゃると思いますがまた明日から頑張って欲しいものです。Yさんも含めて また来年聴かせて下さいね。しかしTOPPANホールってあまり響かないよね。言っていいのか迷ったけどやはり拍手ってその曲が終わってからするものだと思う。最後の Ι の和音と同時に力強い拍手をする方がいて出場されたある女性は困ってらした。   ...

 朝霞市 狭山市 志木市 新座市の生徒さんが多く通っているピアノ教室です。本選がほとんど終わりました。3月に課題曲が発表~8月までうわぁ 半年ですね~。マラソン並みに走り続けてきました。 ステップ、ホール練習、キャンパスレッスン、予選、本選・・・。教室全体では 4つの本選優秀賞4つの本選奨励賞特別賞1つ9つの本選入選埼玉の激戦区ですから 生徒さん達は見事な戦いを見せてくれました。優秀賞の中にも限りなく全国大会に近い生徒さんが何人かいました。全国大会の切符を手にしたコンテスタントと同点だった生徒さん(同点の時は上下カットしないで合計をだします。)他に あと0,02点足りなくて全国大会を逃した生徒さんも・・・。 全国大会って実力もそうだけど その日その時の演奏、体調、ホールやピアノとの相性、審査員の顔ぶれ、などがそろってプラスにはたらいてはじめて実現します。なので「運」も関係しますね。それで辛い思いをした人も何人もいますが 「コンクールってそんなもんさ~」ってある程度開き直る部分も残しておかないと(100%コンクールにかけていると)ホント病気になります。経験者は語る・・・(分野が違うけどね)時々審査員から全く反対のコメントをもらう事がありますよね。それはそれで感じ方が違う訳で審査員の好み通りに、はちょっと無理っ! 自分の目指す音楽で人を魅了させるしかないかな。個人的には コンクールでなにもそんなに急いで結果を出す事もないかな・・・と。挽回できる人生の方が面白いゼッ!でもコンクールって 大人になった時のそんな不屈のエネルギーを溜めるタンクの容量をアップさせてくれるような気がする。嬉しい、悔しい、辛い、そんな思いがあるのは当たり前、それが心の成長にもなると信じたいね。これからまた2月の発表会に向けて、あるいはJPTAオーディションに向けて頑張る生徒さんもいます。私も3月より無休で老体に鞭打って、でしたが そんな生徒さんに「受けて良かったぁ」と言われる様 勉強を続けています。生徒の皆さん、御父兄の皆様お疲れ様でした。そして これからも宜しくお願いします。今年も「指導者賞」を頂きましたが 祝賀会には行きませんでした。悔しい思いをした生徒さんの事考えると祝賀会って行けないよね。導入期の生徒さんへのレッスン計画立ててました。 ...

 狭山市、志木市、朝霞市、新座市の生徒さんが多く通っているピアノ教室です。  予選が終わり 今度は本選。毎日のように 生徒さんが暑い中、本選会場に出かけて行きます。生徒さん方は勿論緊張で顔を強張らせていますが見守るご家族の方々には頭が下がります。すでに体調を崩されながらも気合で乗り切ろうとしている親御さんもいらっしゃいます。本選会場の表彰式で審査された先生がおっしゃっていました。「今回全国大会の切符を手にされた参加者はある意味 アンラッキーだったとも言えます。何故なら その参加者は全国大会に向けてさらに練習を積まれ 夏休みらしくない夏休みを送る事になってしまうからです。」確かに5か月ですよ、5か月。  3月からスタートしていやはや6か月目に入りましたね。応援している親御さんもさすがに具合悪くなりますね。お疲れ様です。   本選に出場された生徒さんを紹介します。連弾に初挑戦 本選奨励賞頂きました   いろいろあったよね・・・。でも やりました。  C級 本選優秀賞 あと1回残っている。続きはまた後で・・・。  ...

 狭山市、朝霞市、新座市、志木市の生徒さんが多く通っているピアノ教室です。 第37回PTNAピアノコンペティションの予選が終わりました。今年は17の予選優秀賞(予選通過)、2つの奨励賞、TOPで通過した予選優秀者に贈られる特別賞も2つ頂きました。 生徒さんへ 毎年 言っていますが 自分だけの力で通過できたと思ってる生徒さんはいませんか? 周りのたくさんの人の支えがあっての賞です。多分そんな生徒さんはいないとは思いますが 思い切って周りの人に感謝の気持ちを込めて「有難うございます!」って言ってみましょう。教えていて思いますが 謙虚な生徒さん、素直な生徒さんは伸びますね。  さてさて 次は 本選!本選通過なんて そんな簡単なものではありません。通過したら全国大会ですよ~。 夢の全国大会 憧れの全国大会ですね。 本選が始まってすぐ、嬉しいお知らせがありました。連弾初級Aで本選奨励賞、それを皮切りにA1級 奨励賞、C級 優秀賞、B級 奨励賞、A2級 奨励賞、A1級 優秀賞、特別賞も1つ頂いてます。本選はまだまだ続きます。 生徒さん方 本当に頑張っています。賞をもらう、もらえないよりも大事な事があるって 生徒さん方に教えてもらっています。「有難う!」の気持ちでいます。賞がもらえなくても 長いスランプから脱して心のこもった演奏を聴かせてくれた〇〇さん、感動的でした。  表彰式の様子です。 これもそう、もっとちっちゃい子。どの子も「エヘンッ」って感じで可愛い。 仲良しさんです。  A2級の〇〇ちゃんの顔、まだ赤ちゃん顔に見える。これから素敵なLADYになるのさっ!  そしてB級の シャイな彼女。見事な演奏だったよ。 暑い中 一生懸命練習しましたね。舞台で 自分を素敵に表現して下さい。まだまだ本選は続きます。   ...

狭山市 鶴ヶ島市 新座市 朝霞市の生徒さんが多く通っているピアノ教室です。  知人から 山形特産さくらんぼ「桜桃」を頂きました。そのままで頂いてももちろん美味しいのだが「さくらんぼ」の良いところはその愛らしい形にある!・・・なので作っちゃいました。 最近暑くなってきましたし 麦茶を添えて・・・。12時間位寝てた長男が起きてきました。 「食欲ねー」と言いながらも頂く と言うより むさぼる という風情を漂わせている。何かの督促状見ながら食べて美味しいのかね。「肘 つくなー!」20年間言い続けて これだよ。「桜桃」で思い出したけど6年間男子校に通っていた次男がこの春 小学校以来の共学へ。「クラスの女子の頬が桃色なんだよ。あれって 化粧?」 「はいっ!化粧です!」 ...

 狭山市、志木市、新座市、朝霞市の生徒さんが多く通っている ピアノ教室です。グレンツェンピアノコンクール 全国大会に出場した 〇藤〇結さん!見事 準優秀賞を頂きました。すごく頑張っていたもん!お姉ちゃんと一緒で ますます嬉しい 頑張った事が実を結ぶのって嬉しいね。応援してるよ。  ...

 狭山市、朝霞市、志木市、新座市の生徒さんが多く習いに来てるピアノ教室です。最近習い始めたSちゃん。後の時間に来る少しお姉さんのKちゃんが気になってしょうがない。大好きなんだって。レッスンしてても Kちゃんが「こんにちは~」って入ってくるとこんな感じ。恥ずかしいんだって。ホントはおねえちゃんと遊びたくっていっしょにいたくって・・・落ち着かな~い 最後は仲良くカワイクきめたぞっ!Sちゃんの来週までの宿題。① 自己紹介文② 今後の交遊依頼文の作成。なんつって・・・。フフフ。子供って可愛いね。  ...

 狭山市・志木市・新座市・朝霞市の生徒さんが多く通っているピアノ教室です。 最近 久々にドキュ~ンとはまった ピアニストです。やっと 彼女の演奏会に行けました。  プレトークから始まった!    初めて聴いたのは Net。眠気も吹っ飛ぶ。あ~ビックリした。リムは天才だ。彼女の演奏は過去の偉大なピアニストたちに匹敵するか あるいは凌駕する。そのド迫力、その勢い、その思い切りの良さ、その猛烈さ、凄絶さ、速いテンポから次々とくり出される必殺技に唖然茫然。では彼女のプロフィールを・・・。スター演奏家になるために必要なことは? 技術やセンスはもちろんだけど、答えは「音楽コンクールでの優勝」。ただ、審査員により「お決まりごとができているかな?」が審査されるコンクールでは、真に個性的なスター演奏家が生まれにくい、と言えなくもない。 時は現代。パリで学ぶ韓国出身の若きピアニスト・H.J.リムは、母国の両親に見せようとYou Tubeに上げた演奏会の動画が大評判に。なんとレコード会社から声が掛かり、24歳という若さながら大作ベートーヴェンのピアノソナタ全曲でデビュー。まさににインターネット時代のシンデレラ・ストーリー!なんて言われてるけど彼女は 12歳で韓国から単身フランスに留学、パリ国立高等音楽院ではアンリ・バルダ教授に師事し首席で卒業している。世界に旋風をおこす下地はあったし、その当時から実力も一級だったのではないか。では 今回の演奏会。そのテクニックも尋常ではないが、それだけではない。情熱的で個性的、迫力あるピアニズムはまさに衝撃的。聴き慣れたはずの曲が打ち消されていくある種の爽快感!「自分は作曲家の代弁者だ」と語る彼女だが、作曲家の意図以上に作品が独り歩きし彼女の思うままに進化していく。もし一言だけ言わせてもらうと 心の琴線に柔らかく触れてくれる様な情緒面での観客とのコミュニケーションが欲しい。私だけだろうか。先頭切って走る彼女を追いかける観客がいて その一番後ろを拍手しながらヨタヨタと走っているのが私なのだ。ただ目が離せないピアニストである事は確かだ。ちなみに彼女は一度だけコンクールを受けたそうだが「もう二度とまっぴらゴメン!」だそうだ。そのまま受け続けていたら今回の彼女の演奏にも出会えなかったかも。誉め過ぎですかね~。だねっ、この”誉めすぎ”には最近の草食系男子への叱咤激励を込めて。しかし なぜ H.J.リムはいつも黒系のドレスを身にまとっているのだろう!?  はいっ了解です。 アンコールもリムッ リムの料理は最後までスタミナ料理だった。 サインを待つ人々。  お疲れ様です。次回も期待しています。 ベートーヴェンだけでなく生身の男性ともトロける様な をして下さい。  ...

 狭山市、志木市、朝霞市、新座市の生徒さんが多く来ているピアノ教室です。こんにちは・・・。はあ・・・毎日コンペ一色の日々。皆様 頑張ってますか?こんな日がずっと続くと全く違う事をやってみたくなるんだよね。そこでっ! 乾パン救済計画UUU。倉庫を片づけていたら おやまあ、賞味期限間近の乾パンが・・・。冷蔵庫にも おやまあ、賞味期限間近のパン粉が・・・。この子たちをなんとか救済すべく考えたっ! Wチーズケーキ 乾パンを粉々にし溶かしたバターにからませる。ボウルにパン粉 オレンジジュース 生クリームを加えてふやかす。別のボウルにカッテージチーズと粉チーズを合わせ砂糖、卵1個をほぐし混ぜる。型に乾パンを敷き詰め その上にボウル2つを混ぜ合わせたものを流し入れる。オーブンで30分、冷蔵庫で冷やしてハイ、出来上がり! この日は次男の誕生日だった事もありさて 食後のスイーツ ところが 次男には見抜かれた。「かあさん、これもしかして 乾パン!?」そりゃ見抜かれるよね。これじゃ・・・。チーズケーキの部分はしっとりしているのだがこの ポロポロ ボソボソ感はなんだAAA しょうがないので 忠実なるワンコ様にあげましたとさ。救済計画 失敗の巻。  ...