ブログ

 新座市、志木市、狭山市の生徒さんが主に通ってるピアノ教室です。年に一度の発表会。スタッフとワイワイ作り上げる喜びは何にも代えがたい。今年は24年ぶりの懐かしい生徒が来てくれた。恐るべし いんたあねっと!終了後 昔話に花が咲いた 立派に”お母さん”してるって。嬉しいなあ 花の大好きな彼女が持って来てくれた。 年月が経っても 変わらないものってあるよね 24年かあ・・・。  ...

狭山市、新座市、朝霞市の生徒さんが主に通ってるピアノ教室です。 今年ももう早いもので1年が終わる。高校の友人と4人で忘年会さっ。みんなネンキの入った主婦だし さっさっさーと作ちゃうだ。  体も心もあったまる。 友人の家の庭にゆずの木。友人は「ゆずマーマレード」を作って おみやげに持たせてくれた。実は何度も入退院を繰り返し今回 ようやく完全退院!彼女の復活祭も兼ねていたのだ。家へ帰ってご相伴にあずかったが美味しくて甘酸っぱくて・・・ 高校の頃の元気な彼女の顔が思い出された。良かった。治って・・・。  ...

 狭山市・新座市・志木市・朝霞市の生徒さんが多く通っているピアノ教室です。2012年12月23日、今年と去年のPTNAコンペティションに入賞した生徒さんのコンサートです 教室からも何人か出演させて頂きました。会場は東邦音大 グランツザールここの会場で弾く事に憧れていた生徒さんも何人もいました。とても素敵なホールです。本番も終わりちょっと「ほっ・・・」としてます。一番小さい年中さん。本番当日の朝 発熱!取りあえず会場には向かったもののこの時すでに39度超え。立って歩くのも辛いらしく 写真撮影もでした。「今日はやめとく・・・」 毎日練習してきた4歳児は 葛藤の末 自分から結論を出しました。辛い結論だったけど いつか笑って話せる様になるよ。今はゆっくり休む事が大事。お大事に・・・。(写真許可済) ...

 寒くなってきました。 もうすぐ 「PTNAコンペ入賞者記念コンサート」だよおおおooo と声を大にしても彼らには届かず・・・。 「そうだっ ホール練習しちゃえ」 ・・・てな分けで 全員集合   ふるっ このドレス、K嬢のお気に入りよ 「入賞者記念~」が解散コンサートになるかもだって。 サティのこの曲は 面白い詩がついてるんだ。 大きくなったでしょ。まだ4年生 情景描写を得意とするんだ 小学校に入学して一回り大きくなったよ。 もうすぐコンクールなんだ。頑張るぞお はい!勢ぞろい! 本番楽しもうね~ ...

 本人は意識的にしている分けではないのに「肩が上がってしまう」生徒さんっていますね。 多分 一生懸命弾けば弾く程 上がってしまうのでしょう。 そんな場合におススメなのが  じゃあ、「思いっきり上げちゃえば?」療法です。 彼は 音楽性のある生徒さんですが  ノッテくると肩が上がります。 音楽を上半身で感じているのかもしれません。 ではこんな感じで肩を上げましょう。 もっともっと、いや~もっと・・・。 肩も上がれば 上半身すべて力んでいるのでしょう。 はい! 一気に力を抜いて・・・。 ストンッ! 結構 気持ちいい。 これで おっK   このままGO! 本来 脱力は気持ちいい事なんだよ。  ...

 生徒さん宅で インコの赤ちゃん 12羽生まれました。 里親募集中です。 この子は女の子。 11月12日生まれ。 世話焼きで 気立てのいい子よ。 ほんと、誰か可愛がってくれないかな? ...

 狭山市にある障害者支援施設 「大樹の家」 年に一度 「芋煮1000人無料サービス!」で 有名な イベントがあります。 仕事上 お世話になっているので  一度行ってみたいなあ・・・と思ってました。 ・・・というわけでこちらに行ってきました。 10:00 和太鼓と共に開会式。 とっても賑やか 室内では 「大樹バンド」の演奏。  模擬店も物産展も盛況。 たくさんお土産を買いました。 なんと言っても やっぱ「芋煮」っしょ! は~っ・・・すみません。 1000人のうち2人分食べたのは私です。 だって美味しいんだもん!  午前中は 少し風もあったんだけど 暖かく  イベント日和でした。 職員の方、スタッフの皆様 ご親切に有難うございました。 息子が「あっ! ほんとだ!オレの名前だっ!」 と言っておりました。 夕食は 焼き鳥~! ...

 秋というか冬というか。 暖房の恋しい季節になりました。 生徒さん、来るなり集まってきます。 今日の年中さんは 習い始めてまだ1~2ヵ月。 この間の年中さんとは教室が違うんだ。 ホントにまだホヤホヤ状態で・・・。 だからこそ 今後が楽しみな ほ〇〇ちゃんです。 ん~まだ 手の形がこんな感じ。 年中さんの手にあったボールを用意。 そおおっと ボールを抜いて・・・。 さっきよりは 形がいいよね。 ちょっと 手首が高めかなあ。 年中さんはまだ第1~第3関節がもう少し!なので 気長に待ちましょう。 ただほっとくと ガンコなクセになる場合もあるので 要注意! 姿勢はいいでしょっ! ...

 小さな生徒さんが 教室に来てくれています。 まずは 2~3歳の生徒さん。 GO&STOP も上手にできました。 「私の手」・・・デッカイですね。 さてさて次は 年中さんまでのクラス。 2~3歳のクラスの後では 妙に年中さんが 大人びて見える。 年中さんのリズム打ちです。 楽しくできて良かったね  ...

行ってきました。 毎年楽しみにしてるんだ。 去年は 仕事で少し遅れたら まさかのトップバッターが1位! 聴き損ねたあああっ・・・ なので今年は10分前に到着。 フムフム・・・ 今回は女性6名、男性3名の計9名。 今年は歌曲の年なので "声"そのものが皆様美しい。 終演後30~40分で結果発表だが  ロビーは緊張と熱気でこんな感じ。 出演者とそれを取り囲む人でごった返すのはいつもの光景。 今年は先に入賞者の発表! 次に岩谷賞(聴衆賞)の発表! どちらも男性。 今年は歌曲の年のせいか 発表の時も皆さん小走り。 赤いセーターを着た1位の藤木さんも 折り目正しく 「はっ! 有難うございます。」 皆さん 興奮を控え目に上品に表していらっしゃるような・・・。 例えば去年はオペラアリアの年。 発表の瞬間 私はたまたま西村さんの隣にいたのだが 後ろから興奮状態の一団が体当たりして 西村さんも嬉しいもみくちゃ状態。 この年は 先に聴衆賞、 んで次に 入賞者発表 その瞬間の写真。 「よっしゃあああ!」「をおおおりゃああああ!」 さすが リートと違って ドラマの世界に生きていらっしゃる! 喜怒哀楽もまるで舞台を見ている様。  周りの人を興奮させる、これも一つの才能だ 私はどちらも好きだな。 女性に囲まれている西村氏。 あくまでこれは去年(H23)ですよ。 今年は 非常に音楽的に 武満徹:小さな空 を 歌い上げた藤木さん 万歳 でした。 ...